関西電力、旧経営陣5人の提訴決定…金品受領問題

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 関西電力の役員らによる金品受領問題で、関電は15日、岩根茂樹前社長ら旧経営陣5人を相手取り、総額19億3600万円の損害賠償請求訴訟を起こすと発表した。17日までに大阪地裁に提訴する。請求額は、社会的信頼の失墜に伴う営業損失や一連の調査にかかった費用を基に算出した。今後の精査でさらに膨らむ可能性もある。

 15日に開いた臨時監査役会で決めた。提訴の対象は岩根氏のほか、八木誠前会長、森詳介元会長、豊松秀己元副社長、白井良平元取締役。請求額の内訳は、▽自治体の入札への参加停止などの営業損失8億7900万円▽広告など信頼回復などにかかった費用2億8400万円▽金品受領など一連の問題を調査した第三者委員会などの費用7億7300万円――。

 第三者委の調査では、役員ら75人が福井県高浜町の元助役(故人)らから計約3億6000万円の金品を受け取っていたほか、工事情報を事前提供していたことが判明。東日本大震災に伴う経営悪化で減額した役員報酬を秘密裏に補填ほてんしていたこともわかった。

 関電の八嶋康博常任監査役は「元経営トップらに訴訟を提起する事態に至り、深くおわび申し上げる」とのコメントを発表した。

無断転載・複製を禁じます
1278781 0 経済 2020/06/15 18:55:00 2020/06/16 05:24:17 2020/06/16 05:24:17

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ