【独自】大同生命「どこでも本社」…地方でも業務遂行可能に、待遇も変わらず

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 中堅生保の大同生命保険は7月から、地方在住の社員が本社の業務を行うことを認める「どこでも本社」制度を始める。新型コロナウイルスの感染拡大を機に、社員の柔軟な働き方に対応する。

 第1弾として、夫の転勤で福島県に在住する女性社員(27)が保険金・給付金の支払い業務を行う。

 従来、保険金の支払い業務は個人情報を扱うことから、東京本社と大阪本社に集中させていた。感染拡大に伴う緊急事態宣言で在宅勤務が拡大した際、情報管理を徹底すれば業務の遂行に問題がないことを確認し、地方在住でも勤務が可能と判断した。待遇などは原則として本社勤務時と変わらない。

 大同生命は今後も専門職の社員らが家族の転勤や介護で本社への出勤が難しくなった場合、地方在住での「本社勤務」を積極的に認めていきたい考えだ。

無断転載・複製を禁じます
1284380 0 経済 2020/06/18 05:00:00 2020/06/18 08:08:46 2020/06/18 08:08:46

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ