柳井正氏、京大に100億円寄付へ…本庶・山中氏の研究支援

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

京都大学に総額100億円を寄付することを発表し、本庶佑特別教授(左)、山中伸弥教授(右)と記念撮影する柳井正氏(24日午後、京都市左京区で)
京都大学に総額100億円を寄付することを発表し、本庶佑特別教授(左)、山中伸弥教授(右)と記念撮影する柳井正氏(24日午後、京都市左京区で)

 ユニクロを展開するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長は24日、個人として京都大に対し、今年度から10年間で総額100億円を寄付すると発表した。ノーベル生理学・医学賞を受賞した本庶ほんじょたすく特別教授と山中伸弥教授の研究に50億円ずつ拠出する。

 柳井氏は今年度から京大が設けた「柳井基金」に毎年5億円ずつ寄付し、本庶氏がセンター長を務める京大の「がん免疫総合研究センター」の研究費を賄う。

 基金とは別に、山中氏が進めるiPS細胞(人工多能性幹細胞)の研究にも私財を投じる。今年度は新型コロナウイルスのワクチン開発に5億円、来年度以降は、患者の細胞からiPS細胞を安価に短期間でつくるプロジェクトに毎年5億円を寄付する。

 柳井氏は山口県出身で、地元の高校の先輩にあたる本庶氏から協力を求められ、寄付を決めたという。京大で記者会見した柳井氏は「医学の世界で最大の問題はがんとウイルス。(2人とも)私利私欲ではなく、全世界のために一生をかけて研究している。微力ながら援助させていただいた」と述べた。

 本庶氏は「国費は年度ごとで繰り越しもできないが、柳井基金は10年の展望で活用できる」と感謝し、山中氏は「ありがたいと同時に重い責任を感じる。有効に使いたい」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1298225 0 経済 2020/06/24 15:26:00 2020/06/24 22:58:22 2020/06/24 22:58:22 がん治療やiPS細胞の研究費として寄付することになり本庶佑特別教授(左)と山中伸弥教授と記念撮影する柳井正氏(24日午後、京都市左京区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/06/20200624-OYT1I50059-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ