読売新聞オンライン

メニュー

ドワンゴ、7月から在宅勤務制を恒久化…月2万円の「在宅手当」も

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 インターネット動画配信サイト「ニコニコ動画」を運営するドワンゴは29日、在宅勤務を基本とする制度を7月から恒久化すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた対応で、対象となる約8割の従業員のうち正社員と契約社員には月2万円の「在宅勤務手当」を支給する。

 ドワンゴは2月17日から約1000人の全従業員が在宅勤務を行い、政府の緊急事態宣言が全面解除された後も続けてきた。ビデオ会議の活用などによって従業員間の意思疎通などに支障が出ていないため、恒久化に踏み切ることにした。

 在宅勤務を行う従業員の固定席は撤廃し、会議スペースを拡充する方針だ。一方、約2割の従業員は出社勤務を基本とするが、必要に応じて在宅勤務をする日を設けることもできる。在宅勤務を巡っては、日立製作所が来年4月から標準的な働き方とする方針を打ち出すなど、広がりを見せている。

無断転載・複製を禁じます
1309415 0 経済 2020/06/29 18:52:00 2020/06/29 19:13:50 2020/06/29 19:13:50

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)