安全で快適、全ての面で「最高」…N700Sデビュー

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

関係者に見送られながらJR東京駅を出発する東海道新幹線の最新車両「N700S」(1日午前)=川口正峰撮影
関係者に見送られながらJR東京駅を出発する東海道新幹線の最新車両「N700S」(1日午前)=川口正峰撮影

 東海道新幹線の最新車両「N700S」の営業運転が1日始まり、午前6時に東京駅から始発列車が出発した。

 駅のホームでは出発式が行われ、JR東海の金子慎社長が「安全性や快適性など、全ての面で最高の性能を有している」と力を込めた。

 東海道新幹線のフルモデルチェンジは13年ぶり。最高時速は285キロでこれまでと変わらないが、横揺れを制御する装置や長時間座っても疲れにくいリクライニングシートなどを採用し、乗り心地を大きく改善させた。車体の側面には「supreme(最高の)」を表すSのロゴが描かれている。

 この日は4編成がデビュー。乗客らの密集を防ぐため、JR東海はどの列車でN700Sを運行するかは事前に公表しなかった。2022年度までに順次、40編成に増やしていくという。

無断転載禁止
1312902 0 経済 2020/07/01 11:25:00 2020/07/01 13:36:08 2020/07/01 13:36:08 関係者に見送られながらJR東京駅を出発する東海道新幹線の最新車両「N700S」(1日午前6時、東京都千代田区で)=川口正峰撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200701-OYT1I50029-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ