読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

米テスラ、時価総額22・3兆円…トヨタ抜き自動車メーカー世界首位に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=小林泰明】1日のニューヨーク株式市場で、米電気自動車(EV)大手テスラ株が大幅に上昇し、時価総額が初めてトヨタ自動車を超え、自動車メーカーとして世界首位に立った。将来性を投資家が評価した形だが、期待先行との見方もある。

 1日のテスラ株の終値は前日比3・7%高の1119ドルと、最高値を更新した。時価総額は2077億ドル(約22兆3000億円)で、トヨタの21兆7185億円(1日終値)を抜いた。

 テスラは2003年設立で、高級モデルの投入が当たって注目を集めた。世界で環境規制が強まる中、最近は量産体制の強化にも力を入れており、株価は年初(430ドル)から2・5倍以上も値上がりしている。

 ただ、テスラの19年の販売台数は36万台と、トヨタグループ(1074万台)の約30分の1にとどまる。長距離走行が多い米国ではガソリン車の支持が根強く、株高には過熱感を指摘する声も出ている。

 テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、ツイッターで突然上場廃止を宣言するなど、言動が物議を醸してきた。宇宙企業スペースX社のCEOとしてロケットや宇宙船の開発にも力を注いでいる。

無断転載・複製を禁じます
1314903 0 経済 2020/07/02 10:59:00 2020/07/02 12:04:19 2020/07/02 12:04:19

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)