混雑時間帯の運賃値上げ、JR東が検討へ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 JR東日本の深沢祐二社長は7日の定例記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う鉄道利用の変化に対応するため、運賃体系の見直しを検討する考えを示した。混雑する時間帯の運賃を値上げするなど、需要に応じた料金体系とすることで、収入減を補うほか、混雑対策にもつなげたい考えだ。

体育の授業「屋内外ともマスク不要」…文科省が教育委員会に周知へ

 深沢社長は会見で、「感染拡大の影響は長期化、定着していく」と述べ、距離に応じて上がる現在の固定的な運賃体系について、「(混雑の)ピークをずらすような柔軟な運賃が考えられる」との認識を示した。

 時間帯に応じた運賃になれば、朝の混雑時は値上がりになる一方で、利用客が少ない時間帯は値下がりする可能性もある。時期や手法については今後詰めるという。

 深沢社長はまた、運行ダイヤの見直しの検討を急ぐ考えも示した。

 JR東は従来の混雑状況に基づき車両数や駅の要員を決めているが、足元では乗客が混雑を避けようと通勤時間をずらす動きも出ている。こうした現状を踏まえたダイヤにすることで、少しでもコストを抑えたい考えだ。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
1327451 0 経済 2020/07/07 23:36:00 2020/07/08 01:19:51 2020/07/08 01:19:51

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)