J&J、ワクチンの最終臨床試験を9月にも実施…開発と並行して量産準備も

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=小林泰明】米製薬大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は16日、開発中の新型コロナウイルスのワクチンについて、最終段階の臨床試験を早ければ9月下旬に実施する方向だと表明した。

 2021年末までに10億回分を超えるワクチンを提供できるように、開発と並行して量産の準備も進めているという。

 ロイター通信によると、J&Jのワクチンは米国に優先的に割り当てられる見通しだが、供給を巡っては日本政府とも協議しているという。

 一般的に一つのワクチンを開発するには数年単位の時間が必要で、世界中で100以上のワクチン開発が進められているとされる。

無断転載・複製を禁じます
1349428 0 経済 2020/07/17 23:39:00 2020/07/17 23:57:34 2020/07/17 23:57:34

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ