旅行先が東京ディズニーでも、都内のホテルに泊まれば対象外…GoTоトラベル

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

予約・チェックイン 住所を確認

 国土交通省は17日、観光支援事業「Go To トラベル」の見直しを発表した。予約済みの分も含め、東京都在住者と都内への旅行は補助対象から除外する。東京都在住かどうかは、チェックイン時などに確認するようホテルなどに求める。東京を除く46道府県では、予定通り22日から実施する。

 「トラベル」事業は、旅行代金の最大35%が割引になる。9月からは、旅行代金の最大15%分のクーポンも配布し、旅行先の土産物店や観光施設で使える。新型コロナウイルスの感染拡大で落ち込んだ観光業界を支援する狙いがある。

 今回、東京都を対象外とするのは、7月に入って都内の1日あたりの感染者数が過去最多を更新したことが背景にある。実施時期の見直しなどを求める声が強まる一方、観光業への支援要請も多く、東京を対象外とすることで決着した。

 東京都を目的地とする旅行や、都民の旅行は当面、すべて割引支援の対象外となる。都民かどうかは、住民票が基準だ。旅行の予約時に、旅行会社の店舗やサイトで住所を確認する。協力しない旅行者は割引を受けられない。

 宿泊施設ではチェックイン時に一人一人、免許証や健康保険証など身分証を提示してもらう。割引を当て込んでいた予約者からのキャンセルが増えているが、政府はキャンセル料の補償はしない方向だ。東京都を対象とする時期は、感染状況や専門家の意見を踏まえて判断する。

 首都圏方面に旅行する場合、都内の宿泊施設を利用すると対象外となる。

 例えば、旅行の目的が千葉県浦安市にある東京ディズニーリゾート(TDR)でも、都内のホテルに泊まれば対象外となる。千葉県内のホテルに泊まり、東京スカイツリー(東京都墨田区)など都内を巡るツアーも対象から外れる。一方、都内を「通過」する旅行なら、補助の対象となる。福岡県在住者が羽田空港(東京都大田区)を利用してTDRに行く場合は対象だ。埼玉県在住者が東京駅から新幹線に乗って都外へ旅行に出かけるケースも対象となる。

「若者・高齢者 団体控えて」

「Go To トラベル」事業の運用ルールを説明する赤羽国交相(17日、東京都千代田区で)
「Go To トラベル」事業の運用ルールを説明する赤羽国交相(17日、東京都千代田区で)

 旅行会社やホテルなどには、事業への参加を登録する際、宿泊者全員の検温や本人確認、飲食施設や浴場の入場・時間制限、保健所との連絡体制の確立などを求める。ホテルなどは感染対策を実施していることを、ホームページやフロントで公表しなければならない。

 赤羽国交相は17日の閣議後の記者会見で「若者の団体旅行、重症化しやすい高齢者の団体旅行などは控えていただくことが望ましい」と呼びかけた。運営事務局は「トラベル」事業に関する問い合わせ窓口(03・3548・0520、平日のみ午前9時半~午後5時)を設けている。

        ◇

 菅官房長官は17日の記者会見で、「東京都発着」が対象から除外される事態となったことを陳謝した。菅氏は「東京の感染者数が突出しており、全国の感染者数の約半分を占める状況を踏まえた」と説明した。

無断転載禁止
1349678 0 経済 2020/07/18 05:00:00 2020/07/18 17:41:21 2020/07/18 17:41:21 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200718-OYT1I50030-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ