読売新聞オンライン

メニュー

ノジマ、80歳まで働ける制度導入…定年後も1年契約の臨時従業員に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 家電量販店大手のノジマは、全社員を対象に80歳まで働ける制度を導入した。店舗での販売経験が豊富なベテラン社員らのノウハウを活用すると同時に、若手の育成にもつなげる狙いがある。大手企業で80歳まで雇用期間を延ばすのは珍しい試みだ。

 社内規定を7月1日付で改定した。ノジマの定年は65歳だが、その後も1年契約の臨時従業員として雇用する。勤務形態や給与は個別に話し合って決める。ノジマは店舗の販売員を、メーカーからの派遣に頼らず、自社で賄っていることを強みとしている。

無断転載・複製を禁じます
1366929 0 経済 2020/07/26 22:53:00 2020/07/26 23:38:29 2020/07/26 23:38:29

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)