読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

日本で人気、世界では逆風…中国発アプリはスパイ?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本の若者にも人気の中国発の動画共有アプリ「TikTok(ティックトック)」が、世界で逆風にさらされている。利用者の情報流出への懸念から、米国などで排除の動きが加速しているためだ。ティックトック側は米国でのロビー活動などで巻き返しを図るが、米中対立の新たな火種になっている。(ニューヨーク 小林泰明、北京 小川直樹)

米の強硬姿勢

トランプ大統領陣営がフェイスブックに掲載した広告は「ティックトックがあなたをスパイしている」と主張した(現在は削除済み、フェイスブックの広告検索サイトから)
トランプ大統領陣営がフェイスブックに掲載した広告は「ティックトックがあなたをスパイしている」と主張した(現在は削除済み、フェイスブックの広告検索サイトから)

 「ティックトックがあなたをスパイしている」

 11月の米大統領選で再選を目指すトランプ大統領陣営は7月17日、辛辣しんらつな広告をフェイスブックに掲載し、米国で使用禁止にすることへの賛同を呼びかけた。現在は削除されている。

 ポンペオ米国務長官は7月上旬のFOXニュースのインタビューで「利用すれば、個人情報が中国共産党の手に渡りかねない」と、情報流出への強い懸念を表明した。ポンペオ氏は使用禁止に踏み込む構えも見せており、中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)に続く「新たな標的」(エコノミスト)となっている。

 こうした米国の姿勢は、新型コロナウイルスへの対応や香港情勢を巡り、中国との対立が先鋭化していることも背景にある。ティックトックへの強硬姿勢は、米国だけではない。インドは6月末に使用禁止を決定した。中国と国境係争地域で衝突したことへの対抗措置とみられる。豪州でも規制の検討が報じられるなど、締め出す動きが広がる。

ティックトック側「データ提供ない」

 「中国政府にデータを提供したことはない」

 (ここから先は読者会員のみ見られます。こちらでログイン・会員登録をお願いします)

無断転載・複製を禁じます
1382924 0 経済 2020/08/03 09:00:00 2020/08/03 09:00:00 2020/08/03 09:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200727-OYT1I50067-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)