読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

第一三共、がん治療薬で英アストラゼネカと提携…対価6300億円

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 第一三共は27日、開発中のがん治療薬について、英製薬大手アストラゼネカと提携すると発表した。第一三共は対価として最大60億ドル(約6300億円)を受け取る。がん治療薬の開発と販売を加速させる。

 開発中のがん治療薬「DS―1062」は、肺がんや乳がんでの活用が見込まれ、日米で臨床試験を行っている。両社は日本を除く全世界を対象に、利益と開発、販売などにかかる費用を折半し、第一三共は薬剤の製造と供給を担う。

 第一三共は、契約一時金として、アストラゼネカから10億ドルを受け取る。開発や販売に応じて、さらに計50億ドルが追加される。

 第一三共の真鍋淳社長兼最高経営責任者(CEO)は、「提携により、(治療薬を)より早く、より多くのがん患者に届けることが可能になる」とコメントした。

無断転載・複製を禁じます
1369003 0 経済 2020/07/27 20:15:00 2020/07/27 21:42:41 2020/07/27 21:42:41

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)