大手の夏のボーナス、2・17%減90万1147円…経団連「コロナ影響は限定的」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 経団連は5日、大手企業の夏のボーナス(賞与・一時金)妥結額の最終集計を発表した。回答した153社の平均額は前年比2・17%減の90万1147円で、2年連続で前年を下回った。

 多くの企業が、新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化する前に妥結したため、「影響は限定的だった」(経団連)という。

 業種別では、建設が146万4730円(3・81%減)で最も高く、自動車が97万8098円(0・01%増)、電機が92万340円(3・18%増)と続いた。製造業127社の平均は1・78%減の89万3015円、非製造業26社の平均は2・79%減の93万1919円だった。

無断転載・複製を禁じます
1390172 0 経済 2020/08/05 21:20:00 2020/08/05 21:20:00 2020/08/05 21:20:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ