トヨタ、4~6月期黒字確保…最終利益1588億円

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 トヨタ自動車が6日発表した2020年4~6月期連結決算(国際会計基準)は、売上高が前年同期比40・4%減の4兆6007億円、最終利益は74・3%減の1588億円だった。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で販売が大幅に減少したものの、コスト削減の徹底や、中国の業績が堅調だったことなどで黒字を確保した。本業のもうけを示す営業利益は98・1%減の139億円だった。

 国内自動車大手7社で、4~6月期に最終黒字となったのはトヨタとスズキの2社だけだ。

 トヨタグループの世界販売台数(ダイハツ工業、日野自動車を含む)は31・8%減の184万台だった。世界各国での外出制限により、販売は低迷した。

 ただ、中国を中心に販売の回復ペースは想定を上回っているという。4~6月期の地域別の営業利益を見ると、北米、欧州が赤字で日本も大幅に減少する中、中国は56・7%増の558億円となり、業績を下支えした。

 また、21年3月期の最終利益予想を初めて発表し、前期比64・1%減の7300億円と見込む。グループ販売台数の見通しは910万台と、5月時点の890万台から上方修正した。

無断転載・複製を禁じます
1392310 0 経済 2020/08/06 14:01:00 2020/08/06 22:22:32 2020/08/06 22:22:32

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ