「あつ森」効果の任天堂、営業益5・3倍の1447億円…4~6月として過去最高

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 任天堂が6日発表した2020年4~6月期連結決算は、本業のもうけを示す営業利益が前年同期の5・3倍の1447億円となり、4~6月期として過去最高を更新した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う「巣ごもり消費」を追い風に、主力の家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」や、人気のゲームソフト「あつまれ どうぶつの森(あつ森)」の販売が好調だった。

 売上高は2・1倍の3581億円、最終利益は6・4倍の1064億円で、4~6月期の業績では08年に次ぐ高水準となった。

 ソフトでは、今年3月20日に発売した「あつ森」が世界中で大ヒットし、6月末までの約3か月で累計2240万本を売り上げた。

 ゲーム機のスイッチの販売台数は568万台と前年同期の2・7倍に急増した。

無断転載・複製を禁じます
1392958 0 経済 2020/08/06 16:26:00 2020/08/07 00:16:18 2020/08/07 00:16:18

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ