読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

JR4社・主要私鉄の全社が赤字に…4~6月期、コロナで旅客需要が激減

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 JRの上場4社と主な私鉄15社の2020年4~6月期連結決算が12日、出そろった。新型コロナウイルスの感染拡大で旅客需要が激減し、全社の最終利益が赤字となった。赤字額の合計は約5015億円で、経営への打撃の大きさが浮き彫りとなった。

 鉄道事業は本来、通勤や通学の安定した収入が見込め、不況下でも強いビジネスとされてきた。だが、緊急事態宣言の発令で、人の移動が大幅に抑制される異例の事態が響いた。

 赤字額はJR東日本の1553億円(前年同期は915億円の黒字)が最大で、JR西日本が767億円、JR東海が726億円で続いた。私鉄では、ホテルやレジャーも手がける西武ホールディングスが287億円(前年同期は142億円の黒字)と、最も大きな赤字を計上した。

 JR、私鉄の全19社が10%以上の減収だった。JR東やJR西などは四半期ベースで過去最悪の赤字額で「未曽有の危機」(JR西の長谷川一明社長)だ。

 感染者が再び増加傾向にあり、足元の旅客数も伸び悩んでいる。JR東海とJR西では、東海道新幹線や山陽新幹線の7月の利用が、前年同月比で6~7割減にとどまっている。名古屋近郊と近畿圏の在来線の利用も3割以上落ち込んでいる。

無断転載・複製を禁じます
1405800 0 経済 2020/08/13 00:04:00 2020/08/13 02:52:26 2020/08/13 02:52:26

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)