読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

村長自ら「ふるさと納税営業」1年で1500人に電話…全国の村で寄付額1位に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2019年度ふるさと納税の寄付額で、千葉県長生ちょうせい村が初めて全国の村で1位となった。地場産米やそばなど、返礼品に目新しさはないが、寄付額は右肩上がりだ。村長が自ら寄付者に電話をかけ、感謝を伝える地道な「営業」が、県内唯一の村のファンを着実に増やしている。

 「早場米の刈り取りが始まりました。もうすぐおいしいお米をお届けできると思います」。小高陽一村長(68)が電話をかけるようになったのは4年前。5万円以上の寄付者全員が対象で昨年は約1500人に電話した。お礼とともに、九十九里浜に面した村の豊かな自然もPRする。電話を切る時には「来年も寄付します」と言ってくれる人が多く、村の調査では75%がリピーターだという。

 総務省が今月公表したふるさと納税の調査結果によると、19年度の長生村への寄付額は7億9250万円で、2位の中札内なかさつない村(北海道)に約8000万円の差をつけた。電話をかけ始めた16年度に初めて1億円を超え、17年度3億5436万円、18年度6億2644万円と増え続けている。

 村の税収は約16億円。これに対し、寄付額は返礼費用を除いても約4億円と大きい。長く内装業を営み、12年に就任した小高村長は「返礼品で競わなくても、誠実に対応すれば村のファンになってくれるはず」と話している。

無断転載・複製を禁じます
1406785 0 経済 2020/08/13 11:31:00 2020/08/13 19:58:26 2020/08/13 19:58:26 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200813-OYT1I50048-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)