読売新聞オンライン

メニュー

7割超のコンビニ客がレジ袋辞退…大手3社、有料化の売り上げへの影響みられず

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

有料になったレジ袋を辞退する利用客(7月1日、東京都港区で)
有料になったレジ袋を辞退する利用客(7月1日、東京都港区で)

 レジ袋が有料化された7月1日からの1か月間で、大手コンビニエンスストアではレジ袋を辞退する客が7割を超えた。プラスチックの使用量を減らす取り組みは消費者に浸透し始めた。

 大手各社での辞退率は、セブン―イレブン・ジャパンが約75%、ファミリーマートが約77%、ローソンが約76%だった。日本フランチャイズチェーン協会によると、有料化が義務づけられる前は、コンビニの辞退率は25%程度だった。

 セブンはレジ袋1枚あたり3~5円、ファミマとローソンは1枚3円で販売している。袋は買わず、手で商品を持ち帰る客やマイバッグを持参する客が増えた。

 不便さから来店客が減ることを懸念し、コンビニ各社は有料化には消極的だった。しかし、今のところ有料化による売り上げへの影響はなかったとみている。

無断転載・複製を禁じます
1410914 0 経済 2020/08/14 21:10:00 2020/08/15 09:21:38 2020/08/15 09:21:38 有料になったレジ袋を辞退する利用客(7月1日、東京都港区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200814-OYT1I50074-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)