読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

4~6月期実質GDP、年率27・8%減…戦後最大の落ち込み

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 内閣府が17日発表した2020年4~6月期の国内総生産(GDP)速報値によると、物価変動の影響を除いた実質GDP(季節調整値)は1~3月期に比べて7・8%減、このペースが1年間続くと仮定した年率換算は27・8%減だった。新型コロナウイルスの感染拡大で経済活動が大きく落ち込み、リーマン・ショック後の09年1~3月期(年率17・8%減)を超える戦後最大のマイナスとなった。

 西村経済再生相は17日午前の記者会見で「緊急事態宣言のもとで意図的に経済を止めたため、厳しい結果となった」と説明した。先行きについては「消費、輸出は上向いており、経済が成長軌道に乗るように全力を挙げたい」と語った。

 4~5月の緊急事態宣言に伴って外出自粛や店舗の営業休止が広がり、個人消費や設備投資、輸出が落ち込んだ。実質GDPは、消費税率が10%に引き上げられた影響を受けた19年10~12月期から3四半期連続のマイナス成長となった。

残り:917文字/全文:1325文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1414295 0 経済 2020/08/17 09:00:00 2020/08/17 14:12:55 2020/08/17 14:12:55 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200817-OYT1I50014-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)