「楽してもうかる構造」、脳みそが汗をかく知的労働…日本に斬り込む「森岡メソッド」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

◆…USJ復活の立役者、森岡毅氏の語るマーケティング…◆

 マーケティング会社「 かたな 」を創業した森岡毅氏は、大阪市のテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」復活の立役者として知られる。新たに手がける企業支援プロジェクトなどについて聞いた。(聞き手・三宅隆政 写真・河村道浩)

徹底したマーケティング 原動力

 USJの入場者数は、森岡氏の在籍した6年半の間に、約2倍の1450万人まで伸びた

 復活の原動力は、消費者視点を徹底したマーケティングの導入と組織改革にあります。 立て直しにあたっては、ゴールから逆算した「3段ロケット構想」を打ち立てました。第1段は小さな子供連れを対象としたエリアの創出です。ゾンビで埋め尽くされるハロウィーンのイベントや、後ろ向きに走るジェットコースターなどのアイデアで資金をつなぎ、第2段として総投資額450億円をかけた映画「ハリー・ポッター」のエリアをオープンさせました。

USJ復活の立役者として知られる、「刀」のCEO・森岡毅氏(大阪市西区で)=河村道浩撮影
USJ復活の立役者として知られる、「刀」のCEO・森岡毅氏(大阪市西区で)=河村道浩撮影

 しかし、2015年にUSJの親会社が米投資銀行のゴールドマン・サックスから米ケーブル大手のコムキャストに変わると、経営方針は現状維持に転換しました。3段目のロケットになるはずだった沖縄での新テーマパーク建設をはじめ、温めていた多くの投資計画が白紙になりました。

 「攻め続ける」ことを唱えていた私は、USJに居続けるよりも、新たな挑戦へ旅立つ決断をしました。一緒についていきたいと幾人もの仲間が人生を懸けて集まってくれ、その時の感激が私を奮い立たせ続ける力になっています。

 「刀」という社名には「マーケティングを日本人の武器にしたい」という思いを込めました。USJを復活に導いたことで実証したマーケティングの手法「森岡メソッド」を多くの企業に移植しています。日本には、可能性を秘めた製品やサービスを持っているのに、どうやって売っていいのか分からない企業がたくさんあります。マーケティングの力で消費者に選ばれる確率を高めるブランドを構築できれば、元気な企業がもっと増えるはずです。

 刀のマーケターは現在53人。豊富な実戦経験を積んだ専門家たちだ。設立時は数人だったが、3年の間に全国から集まった。一振りとして同じものがない日本刀のように、一人一人の異なる個性を大切にしながら、しなやかに、したたかに日本を元気にしたいという。

沖縄にテーマパーク 再挑戦

 協業プロジェクトは、うどんチェーンの丸亀製麺や、年金保養施設グリーンピア三木(現ネスタリゾート神戸)の再生、西武園ゆうえんちのリニューアルなど多岐にわたる

残り:2011文字/全文:3246文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1426651 0 経済 2020/08/22 09:00:00 2020/08/22 12:40:56 2020/08/22 12:40:56 USJ復活の立役者として知られる、「刀」のCEO・森岡毅氏(大阪市西区で)=河村道浩撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200818-OYT1I50054-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ