7月の貿易統計、輸出額は前年同月比19・2%減…中国向けは7か月ぶりプラス

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 財務省が19日発表した7月の貿易統計(速報)によると、全体の輸出額は前年同月比19・2%減の5兆3689億円だった。各国での経済活動の再開を受け、2か月連続でマイナス幅は縮小したが、依然として大きい。ただ、中国向けは、新型コロナウイルスの感染拡大後では初めてとなる7か月ぶりのプラスに転じた。

 中国向けは8・2%増の1兆3290億円だった。銅など非鉄金属の輸出が7割以上増え、半導体など製造装置、自動車の輸出も好調だった。

 米国向けは19・5%減の1兆914億円。2か月連続でマイナス幅が縮小した。一方、欧州連合(EU)向けは30・5%減の4393億円で、6月に比べて下げ幅が拡大した。中国を含むアジア向けは8・2%減の3兆1762億円だった。

 一方、全体の輸入額は22・3%減の5兆3572億円だった。原油価格の下落や経済活動の停滞による需要の減少で、原油や天然ガス、石炭など資源関連の輸入額が減少した。このため、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は116億円の黒字で、4か月ぶりに黒字となった。

無断転載・複製を禁じます
1418905 0 経済 2020/08/19 09:23:00 2020/08/19 16:06:20 2020/08/19 16:06:20

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ