読売新聞オンライン

メニュー

7月の訪日外国人客、99・9%減…4か月連続で過去最大の減少幅

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本政府観光局が21日発表した7月の訪日外国人旅行者数は、前年同月比99・9%減の3800人だった。前年を下回るのは10か月連続で、減少幅は4か月連続で過去最大の99・9%減となった。新型コロナウイルスの感染拡大による入国制限が影響した。

 国・地域別では、中国が800人で最も多かった。ベトナムが600人、米国が400人、韓国とインドが各300人で続いた。永住者らが再入国するケースが増え、6月(2600人)と比べれば、わずかに増加した。

 一方、7月の日本人の海外旅行者数は98・8%減の2万300人で、6月(1万666人)からは増加した。

無断転載・複製を禁じます
1425317 0 経済 2020/08/21 16:30:00 2020/08/21 17:26:46 2020/08/21 17:26:46

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)