投資家に動揺走る、日経平均一時600円下落…「経済最優先」の首相退陣

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

安倍首相の退陣意向の報道を受けて下落した日経平均株価を示すボード(28日午後、東京都中央区で)=川口正峰撮影
安倍首相の退陣意向の報道を受けて下落した日経平均株価を示すボード(28日午後、東京都中央区で)=川口正峰撮影

 28日の東京金融市場は、安倍首相が退陣する意向だと伝わった直後、急激な株安・円高が進んだ。日経平均株価(225種)の前日終値からの下げ幅は一時、600円を超えた。「経済最優先」を掲げてきた首相の退陣に、投資家の間に動揺が走った。

 前日に米連邦準備制度理事会(FRB)が金融政策の目標を修正すると発表し、事実上のゼロ金利政策が長期化するとの見方が広がったことを受け、日経平均は100円前後値上がりして推移していた。

 午後2時過ぎに首相が退陣する意向だと伝わると売り注文が殺到し、下げ幅は一時、600円を超えた。終値は前日比326円21銭安の2万2882円65銭だった。この日の高値と安値の差は780円を超える乱高下となった。

 外国為替市場では、円安基調を支えてきた「アベノミクス」の終了を見据え、海外投資家による投機的な円買いが進んだ。28日夜、円相場は一時、1ドル=105円台前半まで円高が進んだ。

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券の藤戸則弘チーフ投資ストラテジストは「政権の安定感が日本株の回復を支える要因だった。突然の辞任に市場が驚き、株価急落につながった」と分析した。今後は次期首相の経済政策や日本銀行との関係が焦点となる見込みで、「しばらくは政局を材料にした値動きが続く」(野村証券の美和卓チーフエコノミスト)との声も上がっている。

無断転載・複製を禁じます
1439625 0 経済 2020/08/28 19:18:00 2020/08/28 20:39:19 2020/08/28 20:39:19 安倍首相辞任の報道をうけて急落した日経平均株価を示すボード(28日午後3時47分、東京都中央区で)=川口正峰撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200828-OYT1I50059-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ