中国、ハイテク技術の輸出規制を強化…TikTok売却交渉に影響か

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【北京=小川直樹】中国政府はこのほど、一部のハイテク技術に関する輸出規制を強化した。他国へ人工知能(AI)などの技術を移転する際は、中国政府の許可が必要になる。動画共有アプリ「TikTok(ティックトック)」を運営する中国IT大手バイトダンスは30日、この規制を踏まえ「厳格に順守する」と表明。大詰めを迎える米国での事業売却交渉にも、影響を与えそうだ。

 国営新華社通信は、貿易専門家の話としてティックトックで使われている技術が輸出規制に含まれる可能性があると報道。バイトダンスに対して実質的な交渉を一時停止し、法的手続きをする必要があるか慎重に検討すべきだとの指摘も伝えた。

 トランプ米政権は8月中旬、バイトダンスに対してティックトックの米事業を90日以内に売却するように命令し、米マイクロソフトや米オラクルなどが買収に名乗りを上げている。

無断転載・複製を禁じます
1443138 0 経済 2020/08/30 23:32:00 2020/08/31 00:09:35 2020/08/31 00:09:35

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ