読売新聞オンライン

メニュー

8月新車販売16%減の32万6436台…減少幅が再び拡大

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 8月の国内の新車販売台数は前年同月比16・0%減の32万6436台となり、11か月連続で前年を下回った。昨年は消費税率引き上げ前の駆け込み需要で販売が押し上げられていた反動もあり、マイナス幅は7月の13・7%減から再び拡大した。

 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が1日発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で販売店の客足が減った5月の44・9%減を底に6、7月はマイナス幅が縮小していた。

 内訳は、普通・小型車が18・5%減の19万7832台。軽は11・8%減の12万8604台で、3か月ぶりにマイナス幅が拡大した。

無断転載・複製を禁じます
1447346 0 経済 2020/09/01 15:47:00 2020/09/01 20:52:53 2020/09/01 20:52:53

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)