読売新聞オンライン

メニュー

【独自】首都圏、終電繰り上げへ…来春のダイヤ改正でJR東・山手線など検討

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 JR東日本は来春のダイヤ改正で、首都圏の多くの路線で最終電車の時刻を30分程度繰り上げることを決めた。同社関係者への取材でわかった。終電後の保守・点検にあたる作業員の労働環境改善が目的。3日にも発表する見通し。

 関係者によると、対象の路線には、平日で終電が午前1時台の山手線や、東京都内と隣接県をむすぶ路線が含まれるとみられる。一部路線では始発の時間も遅くするという。

 線路の保守・点検作業は終電から始発の間に実施されており、終電繰り上げで作業時間が確保できれば、作業に必要な日数が減り、作業員の休日取得の促進や工費の抑制につながる。

 終電の繰り上げの背景には、新型コロナウイルスの影響で、2020年4~6月期の決算が1000億円を超す赤字となったことや、終電付近の乗客数が7月の山手線で前年同月比約5割となるなど大幅に落ち込んだこともあるとみられる。

 JR東は混雑時間帯の値上げなど運賃制度の変更も検討している。

 JR西日本も先月、来春のダイヤ改正で近畿の主要在来線の終電時刻を早めることを発表している。

無断転載・複製を禁じます
1450863 0 経済 2020/09/03 05:00:00 2020/09/03 10:04:57 2020/09/03 10:04:57

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)