日経平均終値、急落前の水準回復…218円高の2万3465円

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

新型コロナウイルス感染拡大による急落前の水準を回復した日経平均株価の終値などを示すボード(3日、東京都中央区で)=早坂洋祐撮影
新型コロナウイルス感染拡大による急落前の水準を回復した日経平均株価の終値などを示すボード(3日、東京都中央区で)=早坂洋祐撮影

 3日の東京株式市場は、景気回復への期待感から買い注文が優勢となり、日経平均株価(225種)の終値は前日比218円38銭高の2万3465円53銭だった。新型コロナウイルスの感染拡大で、世界的に株価が急落する前の2月21日の水準(2万3386円)を約半年ぶりに回復した。

 前日の米国市場で、主要株価指数が軒並み上昇したことを好感し、東京市場でも化学や繊維、不動産など幅広い銘柄で買い注文が膨らんだ。安倍首相の後継を決める自民党総裁選を優位に進める菅官房長官が、安倍内閣の経済政策「アベノミクス」を継続する意向を示したことも投資家の安心感につながり、追い風となった。

 日経平均は、新型コロナの感染拡大が深刻化した2月下旬以降急落し、3月19日には終値で1万6552円の年初来安値をつけた。その後、各国の政府や中央銀行が大規模な財政出動や金融緩和策を打ち出したことで、株式市場に資金が流入。新型コロナの予防ワクチン開発の進展や、経済活動が回復するとの期待から株価が上昇している。

 ただ、感染拡大に伴う生産や消費の落ち込みで、企業の経営環境は悪化している。東証1部に上場する3月期決算企業の2020年4~6月期決算では、約3割の企業が最終赤字だった。現在の株高は実体経済を反映していないとの警戒感も根強い。

無断転載・複製を禁じます
1452289 0 経済 2020/09/03 15:20:00 2020/09/03 22:18:41 2020/09/03 22:18:41 3日の日経平均株価の終値を表示する証券会社の株価ボード。新型コロナウイルス感染拡大による急落前の水準を回復した(3日午後3時36分、東京都中央区で)=早坂洋祐撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200903-OYT1I50057-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ