JR東、定期券値上げ検討…混んでいない時間帯にはポイント還元

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 JR東日本の深沢祐二社長は3日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大で通勤・通学の需要が変化していることを受け、定期券の時間帯別料金の導入を検討することを明らかにした。

 どの時間帯でも使える従来の定期券を値上げしたり、「Suica(スイカ)定期券」を使って混んでいない時間帯に利用する場合にポイントで還元したりすることを想定している。コスト削減や混雑緩和につなげる狙いだ。時期や料金の変動幅など詳細は今後、詰める。

 このほか来春には、企業の在宅勤務などで減少している鉄道の利用を促すため、スイカを使い一定回数以上、乗車した際にポイントを付与するサービスを始める予定だ。

無断転載・複製を禁じます
1453379 0 経済 2020/09/03 23:52:00 2020/09/04 00:11:06 2020/09/04 00:11:06

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ