読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

コロナ対策で世界の債務残高膨張、GDP比で第2次大戦後上回る…IMF予測

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=山内竜介】世界各国の2020年の国内総生産(GDP)に対する公的債務残高の比率が、第2次世界大戦直後を上回る見通しとなった。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、各国が景気を下支えする大規模な財政出動に踏み切っているためだ。国際通貨基金(IMF)によると、先進国、新興国ともに1946年の水準を上回るという。

 IMFのリポートによると、20年の先進国(日米欧など27か国)のGDPに対する債務残高の比率は前年よりも23・5ポイント上昇し、128・2%となる。1946年に記録した124・1%を上回る公算が大きい。新興国(25か国)も、前年よりも10ポイント高い62・8%になり、過去最高水準になる見込みだ。

残り:8文字/全文:320文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1461106 0 経済 2020/09/07 23:27:00 2020/09/08 06:07:19 2020/09/08 06:07:19 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200907-OYT1I50076-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)