「ドコモ口座」への登録を18行が停止…不正開設・送金、被害拡大の恐れ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 NTTドコモの電子決済サービス「ドコモ口座」を使い、銀行口座から預金を不正に引き出される被害が相次いでいる問題で、9日までに少なくとも18の銀行が、ドコモ口座へのサービス登録などを停止した。被害はさらに他の銀行に拡大する恐れがある。

 ドコモなどによると、9日までに、みちのく銀行(青森市)、七十七銀行(仙台市)、東邦銀行(福島市)、中国銀行(岡山市)、滋賀銀行(大津市)、鳥取銀行(鳥取市)、大垣共立銀行(岐阜県大垣市)、紀陽銀行(和歌山市)の8行で被害が確認された。ゆうちょ銀行(東京)や北洋銀行(札幌市)、琉球銀行(那覇市)など少なくとも10行でも被害の恐れがあり、一部のサービスを停止した。各行は利用者に対し、身に覚えのない取引があった場合などには連絡するように要請している。

 何者かが、銀行の利用者の口座番号や暗証番号などを不正に入手。預金者になりすましてドコモ口座を開設し、各行の口座からドコモ口座に送金したとみられる。

 ドコモ口座は、銀行口座を登録して入金することで、他のキャッシュレス決済と同様に、スマートフォンを用いた買い物や送金などができるサービスだ。ドコモの会員ID「dアカウント」があれば作れる仕組みで、ドコモの携帯電話を利用していない人でも作成できる。登録には氏名やメールアドレスが必要だが、運転免許証などの本人確認は必要がない。このため、第三者でも口座を開設することができる。ドコモは今後、携帯電話番号を使ったSMS(ショートメッセージサービス)などによる「2段階認証」の導入を検討する。

 一方、ドコモ口座と銀行口座をひもづける際の登録手続きは、銀行によって異なるという。ドコモ口座は全国30以上の銀行で対応しているが、今回狙われた銀行側にも、本人確認など安全対策上の不備があった恐れがある。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1464782 0 経済 2020/09/09 12:16:00 2020/09/09 12:34:41 2020/09/09 12:34:41

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)