人気ゲーム課金巡り、アップル反訴…開発元との争い泥沼化

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=小林泰明】人気ゲーム「フォートナイト」をアップルが配信停止したことに対し、開発元の「エピックゲームズ」がアップルを訴えた問題で、アップルは8日、独自の課金システムを不正に導入したなどとして、エピックを反訴した。人気ゲームを巡る両社の争いは泥沼化してきた。

 アップルは訴状で、アップルの課金システムを避けるために導入されたエピックの課金システムについて、「アップルのルールを無視し、手数料を横取りするもので、窃盗だ」と批判して禁止するよう求めたほか、損害賠償なども要求した。

 エピック側は8月、アップルがアプリ開発者に求める課金などの条件が反トラスト法(独占禁止法)に違反するとして、差し止めを求めてアップルを提訴した。アップル側は今回の訴状で「激しい競争が繰り広げられており、アップルは関連市場の独占者ではない」などと反論した。訴訟は9月下旬に審理が開かれる予定。

無断転載・複製を禁じます
1466183 0 経済 2020/09/10 00:14:00 2020/09/10 03:16:16 2020/09/10 03:16:16

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ