古い家屋の火災保険料値上げへ…災害多発地域でも改定、保険料の差が拡大

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 損害保険大手4社は2021年1月から、住宅向けの火災保険で、築年数や地域に応じた保険料の差を拡大する。近年は台風や豪雨といった自然災害が増えており、被害の実態に即した保険料に改める。築年数の長い家屋や災害が多発している地域では保険料が値上がりする一方、新しい家屋や災害の少ない地域では割引につながる可能性がある。

損保4社 来年から

 住宅は築年数が長いほど損害の度合いが大きく、新築などの住宅は損害が小さく済む傾向がある。損保各社は現在も築年数に応じた保険料を設定しているが、その差を拡大する。

 三井住友海上火災保険は、築20年以上の家屋で保険料を値上げする方向だ。特に築25年以上の場合、全国平均で15%以上引き上げる。一方、築15年未満の場合は損害のリスクが低いと想定し、5%程度値下げする。

 損害保険ジャパンは、築15年以上で値上げする方向で、築年数の短い家屋の割引率は大きくする。例えば、築15年未満の戸建て(鉄骨構造)で1年契約を結んだ場合、これまでより平均で14%安くする。

 東京海上日動火災保険も築10年以上で値上げする方向で、築年数の短い場合には割引率を大きくする。あいおいニッセイ同和損害保険は、これまで築10年以上の保険料を同一水準としてきたが、築15年以上と15年未満に分ける。

残り:427文字/全文:973文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1470509 0 経済 2020/09/11 15:00:00 2020/09/11 18:05:02 2020/09/11 18:05:02 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200911-OYT1I50047-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ