読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

米がファーウェイ規制強化、国外メーカーからの半導体供給を全面的禁止

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=山内竜介】米政府は15日、中国通信機器大手「華為技術(ファーウェイ)」に対する半導体の輸出規制を強化し、米国の技術を使う国外メーカーからの半導体供給を事実上、全面的に禁止する。ファーウェイの調達網を遮断し、スマートフォンなどの生産を難しくする狙いがある。

 米政府は5月、ファーウェイへの禁輸措置を米国外にも広げると発表した。この時点では、ファーウェイが設計し、米国の製造装置やソフトを使用して生産された半導体の供給を禁止する内容だった。

 ただ、米政府は8月に規制を強化し、ファーウェイが設計に関与せず、台湾メーカーなどが設計する汎用はんよう半導体に禁輸措置を拡大した。8月の規制は猶予期間が14日で切れた。

 半導体の製造工程では、米国の技術を使うことが多い。今回の輸出規制の強化により、ファーウェイに半導体を納入する日本や韓国、台湾などのメーカーに影響が及ぶとみられている。

 米国がファーウェイへの締め付けを強めるのは、機器を通じた情報流出への警戒感が強いためだ。次世代通信規格「5G」の整備などを巡るハイテク分野の覇権争いで優位に立つ思惑もある。

無断転載・複製を禁じます
1477111 0 経済 2020/09/14 22:37:00 2020/09/14 23:35:22 2020/09/14 23:35:22

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)