TDRのダンサーに配置転換を提示…オリエンタルランド、コロナで業務減少

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京ディズニーリゾート(TDR)を運営するオリエンタルランドが、正社員と嘱託社員の計約4000人の冬の賞与を当初計画よりも7割削減することがわかった。現在の賃金制度で社員の賞与を削減するのは初めてという。

 新型コロナウイルスの感染拡大で、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーは2月末から約4か月間、臨時休園した。7月の営業再開後も入園者数を通常の半分以下に抑えており、売り上げが減少している。

 上西京一郎社長らに対する役員報酬もカットする。すでに10~30%減らすことを表明しているが、さらに拡大する方針だ。

 イベントの縮小で業務が減っているダンサーなどには、配置転換の選択肢を示す。契約期間満了後、〈1〉契約を更新したうえで、休業補償の手当のみ受け取る〈2〉園内業務などに従事するアルバイトに移行〈3〉支援金を受け取り退職――の三つから選んでもらう。

無断転載・複製を禁じます
1476817 0 経済 2020/09/14 20:19:00 2020/09/15 11:16:31 2020/09/15 11:16:31

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ