名古屋の「セントラルパーク」、新たなオアシスに

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ヒサヤオオドオリパークの芝生広場。ハンモックは有料で利用できる(14日、名古屋・栄で)=尾賀聡撮影
ヒサヤオオドオリパークの芝生広場。ハンモックは有料で利用できる(14日、名古屋・栄で)=尾賀聡撮影

 名古屋市中心部の久屋大通公園が再整備され、飲食や買い物も楽しめる「Hisaya―odori Park(ヒサヤオオドオリパーク)」として18日に新装オープンする。14日には報道機関向けの内覧会が行われ、新たな都心のオアシスに生まれ変わった園内が公開された。

 南北約1キロ、広さは約5万4000平方メートルで、四つのゾーンからなる。名古屋テレビ塔北側の「アーバンリゾートゾーン」にはカフェなどが並び、フィットネスクラブや書店がある「学びの森ゾーン」には芝生広場も整備。テレビ塔周辺は英国発祥のアウトドアブランド、卓球と飲食が楽しめる店などがある「コミュニケーションゾーン」で、南端に位置する「シンボルゾーン」には飲食店や雑貨店が軒を連ねる。計35店舗のうち22店舗が名古屋初出店となる。

 大きな災害が起きた際には一時避難所としても活用される。運営を担う三井不動産(東京)は「国内外から多くの人が集まる公園にしたい」としている。

無断転載・複製を禁じます
1477576 0 経済 2020/09/15 07:58:00 2020/09/15 07:58:00 2020/09/15 07:58:00 ハンモックが並べられた「ヒサヤオオドオリパーク」のシバフヒロバ(14日午前11時10分、名古屋・栄で)=尾賀聡撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200915-OYT1I50021-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ