「大阪人の誇りに穴開いた」、新世界のシンボル消える

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「大阪のシンボル」だったづぼらや新世界本店前のフグの巨大ちょうちん(8月20日、大阪市浪速区で)
「大阪のシンボル」だったづぼらや新世界本店前のフグの巨大ちょうちん(8月20日、大阪市浪速区で)
巨大ちょうちんが姿を消した新世界(15日)
巨大ちょうちんが姿を消した新世界(15日)

 大阪・新世界の老舗フグ料理店「づぼらや」が15日、閉店した。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で4月から休業したままで静かな最終日となったが、地元住民らは、大阪のシンボルだったフグの巨大ちょうちんや、名物の「てっちり」の味との別れを惜しんだ。(大原圭二、阪悠樹)

 づぼらやは1920年創業。当初は定食などを提供していたが、約70年前に野菜と一緒に煮込んだ「フグ汁」を出したところ、評判を呼び、やがてポン酢で食べる「てっちり」が看板メニューになった。新世界本店の店先につるされたフグのちょうちんが、通天閣を背景に空を泳ぐような光景は多くの人に親しまれた。

 しかし、コロナの影響などで経営が悪化し、運営する「松田興産」(大阪市)は本店と道頓堀店の閉店を決めた。フグのちょうちんは今月3日に撤去され、大阪市内の倉庫に保管されているが、今後の活用の見通しは未定だという。

 本店では閉店の日を迎えたこの日もシャッターが下りたままだったが、「ほな! さいなら」などと記された店前の垂れ幕を写真に収める人の姿が見られた。大阪府松原市から訪れた大学1年の女性(19)は「最後にフグのちょうちんと一緒に写真を撮りたかったけど、間に合わなかった。大阪人の誇りに穴が開いたような思いです」と残念がった。

 地元で酒店を営む上杉和功さん(58)は、幼い頃からよく家族で食事に訪れたといい、「ポン酢の味にパンチがあってほかでは味わえなかった。新世界がコロナ禍から立ち直る時に、街の象徴としてあり続けてほしかった」と惜しんだ。通天閣を運営する「通天閣観光」の高井隆光社長(45)も「通天閣とフグのちょうちんは、まさしく大阪の二枚看板。その一つがなくなり寂しいが、今はねぎらいの言葉を贈りたい」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1482304 0 経済 2020/09/16 17:23:00 2020/09/16 17:44:57 2020/09/16 17:44:57 閉店日を迎えたづぼらやの店頭(9月15日) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200916-OYT1I50042-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ