読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「米企業との提携で安全性確保できる」…TikTok交渉にトランプ氏圧力

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=山内竜介、北京=小川直樹】米国のトランプ大統領は18日の記者会見で、中国IT企業バイトダンス傘下の動画共有アプリ「TikTok(ティックトック)」について、米企業との提携で「安全性を確保できる」と強調した。米政府は情報流出を懸念して20日からアプリの配信を禁じる方針だが、提携が実現した場合は禁止措置を解除する可能性も示しており、交渉を急ぐように圧力をかけた形だ。

 トランプ氏は提携交渉に関し、「迅速に進むかもしれない。いくつかの素晴らしい選択肢がある」とした。

 これに先立ち米商務省は、20日からティックトックとIT企業テンセントのSNS「微信(ウィーチャット)」の米国内での新たなダウンロードや更新を禁じると発表した。ティックトックをダウンロード済みの利用者は11月12日まで使えるが、その後は機能が制限され、事実上使えなくなる。ウィーチャットは今月20日から既存の利用者も事実上使用できなくなる。

 ティックトックは声明で、商務省の決定に反発する一方、「米国の技術プロバイダー(提供者)が米国の利用者に関するデータの維持や運営に責任を負うことになる」などと米ソフトウェア大手オラクルとの提携案を示唆した。テンセントも声明で、「米政府に幅広い提案をしてきたが、制限されることになり、残念だ」と述べた。

 また、中国商務省は19日、「米国は『国家の安全』を理由に関連企業の正当な権利と利益に深刻な損害を与えた」とコメントし、対抗措置の導入もほのめかした。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1488845 0 経済 2020/09/19 10:51:00 2020/09/19 11:23:17 2020/09/19 11:23:17

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)