読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

トランプ氏、TikTok提携案を原則承認…配信禁止を1週間延期

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=山内竜介、ニューヨーク=小林泰明】米国のトランプ大統領は19日、中国IT大手バイトダンス傘下の動画共有アプリ「TikTok(ティックトック)」の米事業に関し、米ソフトウェア大手オラクルなどと提携する案を原則的に承認したと表明した。米商務省も20日に迫っていた同アプリの配信禁止を1週間延期すると発表し、今後は中国政府がこの提携案を承認するかに焦点が移る。

 トランプ氏は記者団に対し、取引を承認した理由を「(情報流出などの安全保障の面で)安全性は100%になる」と述べ、今回の提携案を高く評価した。

 ティックトックなどは19日、トランプ氏の承認の前提となった提携案の概要をそれぞれ明らかにした。米国を含む世界の事業を運営する新会社「ティックトックグローバル」を米国に設立し、オラクルが12・5%、米小売り大手ウォルマートが7・5%をそれぞれ出資する。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は、米投資家が間接的に保有する分を含めて新会社には米国側が50%超を出資する計算になるとしている。米政府は、米企業の出資が過半を占めるように求めていた。

 トランプ氏は、「交渉が完了するなら素晴らしいことだが、しなければそれでも構わない」ともけん制したが、約1週間以内に提携交渉が完了すれば、米国内でのティックトックのダウンロードや更新の禁止は回避される可能性がある。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1491106 0 経済 2020/09/20 20:38:00 2020/09/21 01:14:18 2020/09/21 01:14:18

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)