米、政府機関の一部閉鎖を回避見通し…下院が暫定予算案可決

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=山内竜介】米議会下院は22日、2021会計年度(20年10月~21年9月)の12月11日までの暫定予算(つなぎ予算)案を賛成多数で可決した。与野党の合意を踏まえたもので、上院での可決とトランプ米大統領の署名をへて成立する。政府機関の一部が閉鎖される事態は当面、回避される見通しだ。

 与野党は連邦最高裁判事の人事などを巡って激しく対立しているが、11月の大統領選前後での混乱を避けるため、暫定予算案では歩み寄った。

無断転載・複製を禁じます
1495772 0 経済 2020/09/23 13:34:00 2020/09/23 13:34:00 2020/09/23 13:34:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ