菅首相と黒田日銀総裁が初会談「十分に意思疎通し、しっかり連携を」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 菅首相と日本銀行の黒田東彦はるひこ総裁は23日、首相官邸で会談した。菅氏の首相就任後、両者の会談は初めてで、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受ける金融市場の動向や日銀の金融政策などについて意見を交換した。

 黒田氏は会談後に記者団の取材に応じ、「首相とは、今後とも政府と日銀は十分に意思疎通を多くし、しっかり連携して政策運営をしていこうということで一致した」と話した。日銀が掲げる2%の物価上昇率目標については「実現を目指すという考え方に全く変わりはない」と強調した。

 今月17日の記者会見でも黒田氏は、日銀と政府の連携に関して「安倍前首相のもとでも、菅新首相のもとでも変わりはない」と述べていた。

無断転載・複製を禁じます
1495799 0 経済 2020/09/23 13:55:00 2020/09/23 13:55:00 2020/09/23 13:55:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ