350席分は完売、「空飛ぶホテル」から見る富士山や三宅島

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

A380を使った周遊便に乗り込む乗客ら(20日、成田空港で)
A380を使った周遊便に乗り込む乗客ら(20日、成田空港で)

 新型コロナウイルスの感染拡大で旅客機の利用が低調な中、航空会社は上空を遊覧飛行する「周遊便」に力を入れている。大幅な減便により使われなくなった機体を活用し、収益を穴埋めする苦肉の策だが、完売となるなど人気を集めている。

 全日本空輸(ANA)は4連休さなかの20日、総2階建てで世界最大の旅客機のエアバス「A380」(約500席)を使い、富士山、名古屋、三宅島の上空を回って90分間で成田に戻る周遊便を飛ばした。

 「空飛ぶホテル」とも呼ばれるA380は、通常時はハワイ線で運航している。ただ、需要の低迷によりハワイ線は現在運休中で、使われずにいた。

 今回の周遊便は、8月に続く第2弾。いずれもエコノミークラス(1万4000円~)やファーストクラス(5万円)など用意した約350席分は完売した。和歌山市の会社員の男性(39)は、「A380に乗れる機会はめったにない。コロナ禍でも気分が高まる」と話した。

残り:333文字/全文:862文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1495995 0 経済 2020/09/23 15:00:00 2020/09/23 19:26:00 2020/09/23 19:26:00 周遊フライトの乗客を迎えるA380とANAの関係者(20日、成田空港で)=中村徹也撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200923-OYT1I50059-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ