読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

西武HD、最終赤字630億円の見通し…鉄道乗客大幅減など響く

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 西武ホールディングス(HD)は24日、2021年3月期連結決算の最終利益が630億円の赤字(前期は46億円の黒字)になる見通しだと発表した。実際に最終赤字となれば、経営再建中だった09年3月期以来12年ぶりとなる。赤字額も06年の西武HD発足以来、過去最大となる。

 新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛や在宅勤務が広がり、西武鉄道で乗客が大幅に減った。訪日外国人客の激減で、傘下のプリンスホテルなども打撃を受けた。

 経費削減のため、終電繰り上げなど鉄道のダイヤ見直しや、バスの運休や減便などを今後検討する。

 JR九州も24日、21年3月期連結決算の最終利益が284億円の赤字(前期は314億円の黒字)になる見通しだと発表した。鉄道やホテルの利用客が大きく減少しているためで、最終赤字は16年の上場以来、初めてとなる。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1498385 0 経済 2020/09/24 15:24:00 2020/09/24 22:06:32 2020/09/24 22:06:32

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)