読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ANA、2000億円規模の公募増資を検討

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大で業績が悪化しているANAホールディングス(HD)が、2000億円規模の公募増資を検討していることが明らかになった。公募増資のほか、銀行団に対して「劣後ローン」と呼ばれる融資で4000億円規模の支援も求めている模様で、航空需要低迷の長期化に備える。

 ANAHDの2020年4~6月期連結決算は、最終利益が1088億円の赤字となった。人件費や航空機の維持費などで月600億円程度の流出が続いているため、日本政策投資銀行や三菱UFJ、三井住友、みずほなどの銀行団と、5000億円規模の資金調達に向けた協議を進めてきた。

 だが、銀行団からの金融支援だけでは万全とはいえないため、市場からお金を集める公募増資が必要との判断に傾いているとみられる。

 ANAHDは、グループ社員約4万3000人の一時帰休や賞与の削減などを実施した。旅客事業以外での収益確保を目指すことなどを盛り込んだ構造改革の方針も示している。航空需要の低迷が長引く中、さらなる経費削減や資産売却などを模索しているとみられる。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1501863 0 経済 2020/09/25 22:39:00 2020/09/26 05:11:57 2020/09/26 05:11:57

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)