「GoToイート」地域限定食事券、全都道府県で実施…11月に大半の地域で開始へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大で需要が落ち込んだ飲食店を支援する「Go To イート」で、地域限定食事券の発行事業が47都道府県で実施される見通しになった。農林水産省は28日、これまで運営事業者が決まっていなかった東京や神奈川など14都道県で事業者から応募があったと発表した。

 食事券の利用は、最も早いとみられる新潟県では10月5日に始まり、11月中には大半の地域で開始する見通しだ。

 イートでは、購入額の25%分を上乗せした地域限定の食事券を発行する。これまでに愛知、千葉など33府県での実施が決まっており、残る14都道県については25日まで追加公募を行っていた。

 イートではこのほか、特定の予約サイトを通じて利用した場合、次回から使えるポイントを付与する事業も行う。ぐるなびなど13事業者が選ばれており、10月1日の開始を目指して準備が進められている。

 野上農相は28日に開かれた省内の対策本部会議で「コロナで大きな打撃を受ける飲食店に重点的な支援を行う。飲食店支援は農林漁業者を支援していくことにもつながる」と述べた。

 今後、各地で感染拡大した場合は、都道府県ごとに営業時間の短縮や中止などを決めることになる。

無断転載・複製を禁じます
1507022 0 経済 2020/09/28 19:16:00 2020/09/28 23:04:52 2020/09/28 23:04:52

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ