読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

国内3番手への「危機感」背景に…NTTのドコモ完全子会社化

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

オンラインで記者会見するNTTの澤田社長(左)とドコモの吉沢社長(29日、NTT提供)
オンラインで記者会見するNTTの澤田社長(左)とドコモの吉沢社長(29日、NTT提供)

 NTTは29日、子会社の携帯電話大手NTTドコモの全株式を取得し、完全子会社化すると発表した。株式公開買い付け(TOB)によって残り3割強の株式を一般の株主などから買い取る。経営の意思決定を迅速化し、海外勢に後れを取る高速・大容量通信規格「5G」などで競争力を高める狙いだ。菅首相が意欲を示す携帯料金の値下げも検討する。

 株式の取得額は約4・25兆円に上る。M&A助言会社レコフによると、国内企業へのTOBとしては過去最大になる。30日から11月16日まで、1株あたり3900円で買い付ける。TOBが終了すれば、東京証券取引所1部に上場するドコモは上場廃止となる。

 世界の通信業界では、5G分野を中心に、中国の通信機器大手「華為技術(ファーウェイ)」の存在感が高まっている。投資余力や技術開発力で劣る日本勢は出遅れが目立つ。米グーグルやフェイスブックなど「GAFA」と呼ばれる巨大IT企業への対応も急務だ。

 NTTの澤田純社長は29日、東京都内で記者会見し、完全子会社化について、「ドコモが3番手になり、GAFAなど海外に強い会社が出てきている危機感だ」と述べた。

 携帯大手3社の中で、ドコモはKDDI(au)とソフトバンクに契約者を奪われ、本業のもうけを示す営業利益で両社に抜かれた。

残り:473文字/全文:1160文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1509286 0 経済 2020/09/29 15:43:00 2020/09/30 12:47:50 2020/09/30 12:47:50 記者会見するNTTの澤田社長(左)とドコモの吉沢社長(NTT提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200930-OYT1I50030-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)