レオパレス、米投資ファンドから572億円の支援

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 経営が悪化している賃貸住宅大手レオパレス21は30日、米投資ファンドのフォートレス・インベストメント・グループから金融支援を受けると発表した。出資・融資の両面で計572億円を調達する。

 同日公表した2020年4~6月期連結決算は最終利益が141億円の赤字を計上した。これにともない、6月末時点で118億円の債務超過に陥ったが、フォートレスの支援が実行されれば、債務超過は今後解消される見通し。

無断転載・複製を禁じます
1511983 0 経済 2020/09/30 16:45:00 2020/09/30 16:45:00 2020/09/30 16:45:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ