航空業界「かつてなく悲惨」…20年需要66%減に

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ロンドン=池田晋一】世界の航空会社でつくる国際航空運送協会(IATA)は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、2020年の航空需要が前年比66%減になるとの見通しを発表した。7月時点の63%減から下方修正した。主要国で新たな行動制限が導入され、夏休み期間中の旅客数が想定より少なくなったためだ。

ベトナム人会社役員、「時短協力金」詐欺は無罪…「不法就労」では有罪判決

 航空需要は、世界の旅客数と移動距離をかけ合わせた「旅客キロ」で推計した。8月は国際線が前年同月比88・3%減、国内線が50・9%減だった。

 IATAは声明で「今夏は航空業界にとってかつてなく悲惨」だったとし、「政府の緩和措置や国境の開放がなければ、何十万人もの航空会社の雇用が失われる」と懸念を示した。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
1517006 0 経済 2020/10/02 12:52:00 2020/10/05 19:09:09 2020/10/05 19:09:09

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)