3万人集まるトヨタ恒例の社内駅伝、70年ぶり中止…感染拡大の影響考慮

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 トヨタ自動車が、12月に愛知県豊田市内で予定していた恒例の社内駅伝大会を中止することがわかった。例年、国内外の従業員や家族合わせて3万人超が来場する社内行事だが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を考慮した。中止は労働争議が激化した1950年以来、70年ぶり。

国内のコロナ新規感染3万1457人…東京の1週間平均は10%減

 大会は、社内の一体感の醸成を目的に、47年から毎年行っている。最長30キロのコースを8区間に分け、工場や職場、関連会社などのチームに分かれて競う。

 昨年の大会は、566チーム、計約4500人が参加。豊田章男社長も姿を見せた。来場者は過去最高の3万5000人だったという。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
1517918 0 経済 2020/10/02 20:58:00 2020/10/02 22:40:11 2020/10/02 22:40:11

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)