NEC、金融機関向けソフトウェア手がけるスイス企業を2360億円で買収

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 NECは5日、金融機関向けソフトウェアを手がけるアバロック・グループ(スイス)を20億5000万スイス・フラン(約2360億円)で買収すると発表した。NECにとって過去最大のM&A(企業の合併・買収)で、海外での金融関連事業を強化する。

 新野隆社長はオンラインの記者会見で「デジタル化による業種間の連携は、行政と金融で先行して加速する。長期的な市場の成長が期待できる」と述べた。アバロックの持ち株会社の全株式を2021年4月までに取得し、完全子会社化する。アバロックが開発したソフトウェアは、欧州を中心に世界約30か国の150以上の金融機関で利用されている。

 NECは19年にデンマークのIT企業「KMD」を買収。今年9月にはKMDを通じてノルウェーの金融ソフトウェア会社を傘下に収めるなど、M&Aでの海外展開を強化している。

無断転載・複製を禁じます
1524636 0 経済 2020/10/05 22:52:00 2020/10/05 22:52:00 2020/10/05 22:52:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ