観覧車でテレワーク、非日常空間で「斬新なアイデアを」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 よみうりランド(東京都稲城市、川崎市)は15日から、園内のプールサイド周辺や観覧車の中を一時的なテレワーク用の場所として提供するプラン「アミューズメントワーケーション」を始める。

 プラン料金は1人当たり1日1900円(土日祝日は2000円=ともに税込み)で、遊園地の入園料や観覧車の乗車券などが含まれる。プールサイドに机やいすを備えた特設スペースを設け、電源やWi―Fi(ワイファイ)を使って職場に近い環境で仕事ができる。さらに観覧車のゴンドラ1台を1時間(4周分)貸し切りにでき、中でWi―Fi端末を使ってオンライン会議も行える。非日常の空間で斬新なアイデアを生み出したい会社員らの利用を想定している。

 利用者はインターネットの公式サイトから事前の予約が必要。休園日などを除き、利用時間は午前9時~午後4時。

無断転載・複製を禁じます
1524783 0 経済 2020/10/06 05:00:00 2020/10/06 09:11:37 2020/10/06 09:11:37

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ